by かわちゃん  
inful_syojyo.png

内容


・インフルエンザの症状とは
・インフルエンザの対処方法
・インフルエンザ治療薬について
・まとめ

現在インフルエンザが流行する季節に入っていますので、その症状を出来るだけ早く察知し、周囲の方に感染しないように対処していかなければなりません。

インフルエンザの症状とは


1.発熱
インフルエンザの症状としては急な発熱に襲われてしまうので、さっきまで元気だったのに突然体調が悪くなったということも往々にしてあります。また熱の高さも顕著で39℃〜40℃にも及ぶことが多々あります。

2.寒気
激しい寒気を感じることがあり、普通の風邪ではない寒気を感じたら要注意です。

3.体の異変
風邪であれば喉が痛かったり、鼻水が止まらなかったりなどの異常がありますが、インフルエンザは全身に影響を及ぼします。
例えば関節通、脱力感、腰痛、筋痛などの異常が見て取れやすいという特徴があります。
また各々によって異なると思いますが、風邪は喉が痛くなる→鼻水→発熱症状の流れなんですが、インフルエンザはその真逆の症状の流れというのが基本となっています。

4.感染時期
インフルエンザは基本的な感染時期が決まっており、大体12月〜3月付近と言われていますので、より注意していかなければなりません。

5.合併症
インフルエンザは重症化してしまうと、気管支炎や肺炎そして脳炎など命に関わる病気も引き起こしてしまいます。
ちなみにこのインフルエンザが流行する時期は、日本の死亡率が上昇すると言われていますので、インフルエンザの怖さが分かると思います。
もちろん普通の風邪でも合併症というのは引き起こすこともありますが、大体は軽症で済むことが多いです。

インフルエンザの対処方法


inful_syojyo2.jpg

インフルエンザと思わしき症状を見て取れた場合は、速やかに病院でインフルエンザの検査をしてもらいましょう。
仮にインフルエンザに感染したとしても早期に投薬治療すれば、完治するのも早いです。
ちなみにインフルエンザは自然で完治することも可能で、私も一度市販薬だけで完治させたことがあります。
しかしながら年齢や使用する市販薬によっては重症化する場合もありますので、特に免疫力が低い幼児やご年配の方であれば、速やかに病院で診断してもらうことが大切です。

インフルエンザ治療薬について


inful_syojyo3.jpg

インフルエンザ治療薬には、タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタのなどが存在しており、病院によって年齢別に治療薬使用の判断が異なってきます。
またこのような治療薬は安全なのか?と不安に思っている方も多いと思いますが、厚生労働省では服用すると異常行動する恐れがあると認めています。
その異常行動とは急に動き回る、強迫観念に囚われ窓から飛び降りる、などが挙げられ死亡事故なども起こっているのが事実です。
ですから幼児や未成年者がインフルエンザになってしまった場合は、出来るだけ看病してあげることが大切となります。

まとめ


このようにインフルエンザになったとしても、早期に適切な治療をすることが出来れば、命に別状はないのです。
しかしながら、病院で処方されるタミフルなどは小さいお子さんなどには、異常な行動を引き起こしたりと、多少のリスクがあるのも事実です。
ですから最適なのはインフルエンザにならないということを第一に、特に流行の季節は考えて生活していくことが大切なのではないでしょうか。

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑