by かわちゃん  
iPS_cell.jpg

内容


・iPS細胞のメリット
・iPS細胞のデメリット
・まとめ

iPS細胞のメリット


iPS細胞を培養していくことで、体のあらゆる臓器を再生することができます。

例えばこれまでの臓器移植の手術というのは、ドナーから臓器を提供されるという形が多いと思いますが、iPS細胞が実用化されればドナーを待つ必要はなくなるかもしれません。

またiPS細胞というのは自分の細胞から作られていますので、ドナーとの適正などを考える必要性がなく、拒絶反応などのリスクは限りなく低くなると言われています。

そしてiPS細胞の前身とも言えるES細胞というのは受精卵から作成する細胞なので、つまりは一つの命を犠牲にして細胞を作っているということになります。

ですから倫理上の問題が沸き起こり、ES細胞を実用化するにはあらゆる批判をかいくぐって行かなければなりません。

しかしながらiPS細胞であれば自らの細胞から作られていますので、倫理上の問題もクリア出来ており、そのことから次世代の再生医療として称賛されています。

その証拠にこのiPS細胞の培養に成功した山中教授はノーベル生理学・医学賞を獲得しており、この発明がどれだけ画期的だったことなのか分かると思います。

また以前はiPS細胞を作くる際に癌を活性化させる遺伝子を使用しており、癌を発症するマウスなども確認されたのですが、現在はその問題も解決され、日々進歩して言っています。

iPS細胞のデメリット


iPS_cell2.jpg

iPS細胞というのはまだ人間での臨床実験というのは行われておらず、実際に移植すると人間にどのような影響を与えるのか未知数です。

実際に元の臓器と同じようにその機能を果たしれくれるのか、分かっていませんのでこれからの実験が今後の再生医療の未来を担っています。

また体のあらゆる臓器を再生させることが出来ると先に述べましたが、心臓や脳などの高機能の臓器に関しては、iPS細胞で再生出来るのかは分かっておらず、さらなる技術の進歩があれば実現可能なのかもしれませんね。

その他にも実験段階でもiPS細胞による拒絶反応が確認されているのも事実なので、人間に実用化していくのにはまだまだハードルが高いということが言えるのではないでしょうか。

まとめ


万能細胞といわれているiPS細胞ですが、マウスでの実験結果をチェックしてみても多少なりともリスクは存在しています。

しかしながらこれまでの再生医療と比較すると、そのリスクというのは大幅に軽減していると思いますので、この発明が画期的なのは間違いありません。

そして体が健康な内にiPS細胞を培養して保存しておくことで、急を要する際にすぐに活用できると言われています。

また全世界でこのiPS細胞が実用化されるのを望んでいる患者さんも数多く存在していると思いますので、いち早く実用化がしてもらいたいですね。

コメント

1 件
http://xn--info-4q7fo27e.seesaa.net

実際に元の臓器と同じようにその機能を果たしれくれるのか、分かっていませんのでこれからの実験が今後の再生医療の未来を担っています。

誤字が見られます
誤文は誤解、誤認識となる恐れがあります
未完成商材ですので御注意してください
一般の方々は医療または治療に対する知識を持ち合わせておりません
説明不足から誤認等が生じることを認識ください

改文をお勧めします。


Posted by 筒井 浩一 at 
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑