by かわちゃん  
人工透析が必要な患者への再生医療や、腎臓病の新薬開発につながる成果
出典:iPSから腎臓の元 京大グループ、高効率で作製 : 京都新聞

ipsjinzo.jpg

中間中胚葉をマウス胎児の腎臓の細胞と一緒に培養すると、管状の立体的な構造をした尿細管を形成することも確認した。移植医療や、血液透析のためのバイオ人工臓器への応用の可能性を示した。

 グループは腎機能が低下する難病の常染色体優性多発性嚢胞腎の患者からiPS細胞を作ることにも成功しており、腎臓病の原因の解明や薬剤の開発が進むことが期待される。


腎臓再生への第一歩
出典:時事ドットコム:腎臓の一部、iPSで再現=「中間中胚葉」効率的に作製−京大

ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から腎臓などの基になる「中間中胚葉」を効率的に作る方法を、京都大iPS細胞研究所の長船健二准教授らのグループが開発した。


このように腎臓を患っている方には希望の光となるニュースとなっており、一刻も早い実用化が望まれています。

しかしながら腎臓という器官はとても複雑な構造となっており、iPS細胞で再生した腎臓がきちんと機能するのかなどはもちろんのこと、臨床試験までにクリアする問題は多いと思います。

また研究が進むにつれ新たな問題が現れる可能性もありますので、実用化という点ではまだまだ時間は掛かるのかもしれませんね。

それでも研究が進んでいけば、これまで明らかになっていなかった腎臓系の難病の原因が究明されたり、またそれだけでなくその他の器官の再生も可能だと思いますので、改めてiPS細胞の可能性というのは計り知れないと思った方も多いのではないでしょうか。

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑