by かわちゃん  
inful_keiro.jpg


寒暖差アレルギーとは



寒暖差アレルギーというのは読んで字の如く、急激な気温の変化で鼻炎を引き起こしたり、自律神経のバランスが崩れ体調を壊してしまうというものです。

また別名「血管運動性鼻炎」とも言われており、気温の変化により鼻腔内の血管が収縮することで、鼻づまり、鼻水が止まらないなどの症状が表れます。

そしてこの寒暖差アレルギーは花粉症の症状と似ている為、適切な処置を施せず悩んでいる方も多いみたいなので、きちんと寒暖差アレルギーについての知識を身に付けることが完治への近道です。

寒暖差アレルギーの症状とは


inful_hiyo3.jpg

寒暖差アレルギーの症状としては、先ほど挙げた鼻づまりや鼻水が止まらないなど以外の症状も存在しています。

・鼻づまり、鼻水が止まらない
・咳
・頭痛
・くしゃみ
・蕁麻疹(じんましん)
・肌のかゆみ
・食欲が出ない


個人的には寒暖差アレルギーによって食欲不振の症状が引き起こされるというのは予想外でした。

しかしながらその他にも頭痛、咳、肌のかゆみ、蕁麻疹などの症状に関しては、寒暖差で自律神経が刺激されることにより引き起こされるということなので納得がいきました。

ちなみに自律神経を刺激するというのは悪い面ばかりでなく、良い面も存在していますので要はバランスが大切と言えるかもしれませんね。

また寒暖差アレルギーの特徴としては、花粉症の症状と異なり目に炎症が起きませんので充血などの症状が見られません。

その他にも鼻水の色が透明というのも大きな特徴となっていますので、それらの要素で寒暖差アレルギーなのか否かを判断していきましょう。

寒暖差アレルギーの治療方法ってあるの?


inful_syojyo2.jpg

寒暖差アレルギーの症状である鼻づまり、鼻水を改善する為の治療方法として鼻腔内の血管をレーザーで焼くというものがあります。

しかしながらこれも完全に良くなるという訳ではないですし、寒暖差アレルギーの根本的な治療ということにはなりませんので出来るだけ治療費が掛からない方法が良いですよね。

まず寒暖差アレルギーというのは、寒暖差が原因ですから出来るだけ寒暖差が出来ない環境にすれば良いということになります。

その方法としては、

・マスクで鼻と口を覆い喉と鼻の温度差を小さくする
・衣服の着脱などで体温調節を心がける
・人肌くらいの温度で湯船につかる


などが挙げられます。

また女性の方は冷え性の影響により、男性よりも寒暖差アレルギーを患っている方が多いようなので、より意識的に心がけていくことが大切です。

ちなみにこの寒暖差アレルギーの症状は、ウイルスやアレルギー物質により引き起こされている訳ではありませんので、基本的に薬は効果が無いと言われています。

ですから上記で挙げた基本的な対策がより大切ということになってきます。

まとめ



寒暖差アレルギーと聞くと冬や春に引き起こされるという印象を持つかもしれませんが、実は夏も注意しなければなりません。

夏ともなれば屋内と屋外の寒暖の差というのは、エアコンの影響により10度以上は差がありますので、気を抜けない季節なのです。

ですから寒暖差がありそうな環境に身をおく際には、忘れずにしっかりと対策を行なっていくことが大切ですね。

また寒暖差アレルギーで悩んでいるのであれば、下記の記事も必見ですよ。

>>冷房病(クーラー病)とは?その原因と対策について!

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑