by かわちゃん  
cytomegalo01.jpg

サイトメガロウイルスはあまり聞き慣れない言葉だと思いますが、日本人の成人であれば約6割〜9割は感染していると言われています。

しかしながら、感染したからと言ってほとんどの場合サイトメガロウイルスによる症状というのは現れませんので、健康である内はさほど心配しなくても良いようです。

それでもサイトメガロウイルスにより、危険を伴う方々が存在しているのは確かなので、どのような方がその危険を伴うのかを学んでいきましょう。

サイトメガロウイルスに注意すべき人とは?


inful_hiyo3.jpg

・妊婦
サイトメガロウイルスの抗体を持っていない妊婦が、妊娠初期にサイトメガロウイルスに感染すると胎児にまで感染するリスクがあります。

胎児が感染してしまうと、流産のリスクが高まったり、出産してもすぐに命を落としてしまったりと、とても危険なのです。

また無事出産したとしても、聴覚神経系に異常をきたし難聴を引き起こしたりします。

・免疫機能が低下している方

エイズを発症したり化学療法などを行い免疫機能が低下している方は、サイトメガロウイルスは危険な存在となります。

そのような方に及ぼす悪影響としては、肺炎、髄膜炎、網膜症などが挙げられ命に関わる病気を引き起こしてしまいます。

妊婦の方のサイトメガロウイルスへの対処法とは?


inful_syojyo2.jpg

サイトメガロウイルスは先述のように大半の方が感染するウイルスですので、それを未然に防ぐのは難しいと言えると思います。

また多くの方が感染するということはそれだけ抗体を持っているということですので、妊婦の大半が問題無く出産出来ると言われています。

それでもこのニュースのように、

>>サイトメガロウイルス、胎児感染34件

割合は少ないかもしれませんが、実際にサイトメガロウイルスに感染している胎児が存在していることも確かですので、慎重になるのであれば抗体検査する方法もあります。

仮に抗体が無いと判断されれば、サイトメガロウイルスの主な感染経路である飛沫感染対策としてマスクをしたり、また幼児などの体液などに注意するなど対策が取れると思います。

編集後記



サイトメガロウイルスに対抗する手段としては、健康な方であればあまり気にする必要は無いですが、病気になり免疫機能の低下とならない為にも健康に気を遣っていきましょう。

そして出産を考えている方であれば、抗体の有無を検査することで選択肢も広がると思いますので、それを一つの方法として考えるのも良いのではないでしょうか。

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑