by かわちゃん  

サラシアとは


tea01.jpg


サラシアという言葉、何となく聞いたことがあるという方も多いと思います。

サラシアとは
インドやスリランカに自生するニシキギ科のつる性植物で、学名を「サラシア・ レティキュラータ」といいます。特に効能が高いと評判のスリランカ産は、現地で「コタラヒムブツー」と呼ばれ、5000年もの昔からお茶のように飲まれているのです。
出典:サラシア - goo ヘルスケア

このサラシアはダイエット効果があるとして期待されていますが、具体的にどのような効果があるのかチェックしていきましょう。

サラシアの効果


inful_syojyo2.jpg


1.血糖値を下げる
2.糖尿病予防
3.糖が吸収されにくくなる
4.便秘
5.肝機能の強化
6.脂肪分解の促進


サラシアは、ビフィズス菌やオリゴ糖に比べて、5〜10倍もの優れた腸内環境改善作用があることが、富士フイルムの実験で実証されました。
サラシアを1週間摂取することで、代表的な善玉菌であるビフィズスが約4倍に増加し、代表的な悪玉菌であるクロストリジウムが約1/4まで減少していることが確認されました。
出典:ビフィズス菌、オリゴ糖に比べて5〜10倍 サラシアの整腸効果|富士フイルム ヘルスケア未来研究所

腸内環境を改善する方法として、ヨーグルトを始めとするプロバイオティクス食品を摂ることが挙げられますが、この結果から鑑みるとサラシアを摂る習慣を付けた方がより効果的ということが分かりますね。

また腸内環境を整えるということは、悪玉菌が減り免疫力を高めてくれますし、また腸内で毒素が作られる量が減少します。

つまり、毒素を分解する肝臓への負担減へと繋がりますから、便秘に悩んでいる方だけでなくお酒を嗜む方まで、幅広い方にとって嬉しい効果ですね。

サラシアはダイエット効果はあるのか?


longbr.jpg


サラシアの効果で、ダイエットに期待できるものとしては先述の通り以下が挙げらます。

・血糖値を下げる
・糖が吸収されにくくなる
・脂肪分解の促進


糖というのは人が活動していく上では欠かせないエネルギー源ですが、エネルギーとして消費出来なかった糖は脂肪へと蓄えられていきます。

また血糖値が急上昇すると、血糖値を正常に保つインスリンの分泌が追いつかなくなり、血中の糖が脂肪へと蓄えられます。

血糖値を下げる効果、糖が吸収されにくくなる効果というのは、糖が脂肪へと蓄積され辛い状況を作るということになります。

また脂肪を分解してくれる効果もあるので、理論的にはダイエット効果があるというのは分かりますね。

サラシアを摂るだけでなく、食事管理、適度な運動も実践することで、よりダイエット効果を実感できるのではないでしょうか。

編集後記



サラシアにはこれだけ多くのメリットがあるので摂る習慣を身に付ければ、体に良い影響をもたらしてくれるのは間違いなさそうですね。

ダイエット効果や肝臓への負担軽減はもちろんですが、特にビフィズス菌などよりも5倍以上もの整腸作用があるということを知らない方も多いのではないでしょうか。

ですので便秘に悩んでいる方は、1度サラシアを試してみるのも良いかもしれませんね。

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑