by かわちゃん  
foot01.jpg


足のむくみに悩まされている人も多いのではないでしょうか?

特に女性は足のむくみに悩んでいる方も多く、やはり下半身の血液循環を促進してくれる筋肉が男性よりも少ないことが、一つの要因として挙げられます。

現在足のむくみに悩んでいなくても、今後発生する可能性も考えられますので、そうでない方でも足のむくみについての知識を知ることは後々役立つのではないでしょうか?

足のむくみの原因


inful_syojyo2.jpg


そんな足のむくみの原因には、立ちっぱなしにより長い時間負荷が掛かってしまうものもありますが、座りっぱなしでも起こります。

これには長時間同じ姿勢である為に、足に疲労が溜まってしまうことによりなります。

また、足というのは心臓部から遠い為に、どうしても心臓のポンプが優れていても足を動かしていないことにより、詰まってしまうので足のむくみの原因になってしまいます。

更に水の摂りすぎなどによっても起こるので、いかにそれを抜いていくかが鍵となります。

足のむくみをとる方法


footmassage01.jpg


そこで足のむくみをマッサージでとるには、膝裏にあるリンパをじっくりと力を掛けながら上下に押し流すようにしていきます。

これにより溜まっていた水分を抜く事が出来ますし、リンパ液や血液の流れを促します。動いていないとどうしても滞りやすくなるので、マッサージをする事が重要になります。

次に膝の部分にもむくみを感じるようであれば、膝の表側から裏側へ流してあげるようにマッサージをします。

一回だけでなく、じっくりと時間を掛けて何回もする事が求められます。このようにどうしても血液が滞りやすくなっているので、リンパを中心としたマッサージをして流してあげることでむくみを解消する事ができます。

これは即効性があるので、気になる時にやってみるだけで違いが出てきます。この時のマッサージの強さというのは、力強くというよりも押してあげるくらいのもので良いです。

これはいつでも出来るわけではありませんが、数時間おきなど症状が出てくる前に行ってあげることで、むくみを未然に防ぐ事が出来ます。

デスクワークの時には、足を冷やさないという事を念頭にし、全く動かさないようにすることはなく、時々でいいので足を上下にするとむくみを防ぐ事が出来ます。

こういった事が出来ないのであれば、トイレに行った時にでもマッサージや足を動かすということをすると良いです。

その時にはつま先立ちをしてみたりする事で、足に刺激を与える事ができますし、適度な運動することによって体に溜まっていた水分を抜くことができます。

足がむくんでしまうと太くなってしまうので、足が締まるようなキツイ靴などを履いていると悪循環が続いてしまいます。

そういった事を防ぐには大きめの靴を履いておくというのも、足がむくんでしまった時に効果的です。

足のむくみになってしまった時には、このようなマッサージをする事でむくみを解消する事ができます。

編集後記



デスクワークなどをしている方であれば、つい長時間同じ態勢でいることがあると思います。

それがむくみに繋がるとともに、エコノミークラス症候群と言われる、足に血栓ができる症状を引き起こしてしまう恐れもあります。

それが肺に詰まり呼吸困難になったり、最悪の場合であれば命を落としてしまう危険性もあります。

ですからむくみを取るだけでなく、そのような症状を引き起こさないためにも、定期的に足を動かすことが大切です。

仕事でその場から動けないという場合に簡単に出来るのが、世間的には嫌われている「貧乏揺すり」が挙げられます。

それを暇がさえあれば実践することで、むくみが劇的に解消したという声も聞きますので、試してみてはいかがでしょうか?

またアイテムを活用するのも良い方法だと思います。

巷で評判が高いアイテムとしてはヤーマンの加圧エクサパンツが挙げられます。

そのヤーマン加圧エクサパンツの口コミについて記事にしましたので、購入する際の参考になればと思います。

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑