by かわちゃん  
beauty02.jpg


最近、ヒートショックプロテインが注目を集めています。

このヒートショックプロテインとは、体が熱によるストレスを受けた際に、体内で作られるたんぱく質の一つのことを言います。

「体が熱によるストレスを受けた際に」、なんていうと、なんか大げさに聞こえちゃいますが、要するに体が温まった際にと読み替えてもらって問題ありません。

この体が温まった際に生み出されるヒートショックプロテインは、体中の傷ついた細胞を修復してくれるとても有り難い要素なのです。

ヒートショックプロテインの効果


inful_syojyo2.jpg


つまり、傷ついた細胞を修復してくれるということは、日々の疲れを癒してくれたり、肩こり、腰痛、関節痛の改善にも役立ちますし、アスリートの場合であれば、トレーニングによる乳酸の発生を抑えてくれるという効果も期待できます。

また、女性の場合は、肌のトラブルに敏感かと思われますが、このヒートショックプロテインにより、
肌を若返らせ、美肌効果の促進という嬉しい効果が実感できることでしょう。

当然、むくみや、くすみなど日頃のお肌の悩みの解決もお任せ下さい。

このようにヒートショックプロテインは健康と美容のために、必要不可欠な要素であると言っても過言ではありません。

人間の体には自分で元気になるという力が宿っているほか、まだまだ計り知れない力が眠っているのです。

ヒートショックプロテインを促す入浴方法


bath01.jpg


しかし、その力を上手く引き出せいない一つの要因として、体の冷えがあります。

文明の発達により、空調機器などが多く取り入れられ、人間本来の体温調節機能が衰えているようで、最近は低体温症の方が増えていると言われています。

体温が低いと基礎代謝が悪くなりますし、それにより太りやすくなったり、はたまた体調不良の原因となったりします。

そのため、低体温を改善できれば、人間本来の力を取り戻すことができるのです。

そこで必要なのが、ズバリ規則正しい入浴です。

規則正しいというのは、毎日入るというわけではなく、規則正しく、体にストレスを与えるということです。

熱い湯に浸かって体にストレスをかけてヒートショックプロテインを生み出したとしても、その熱い湯に毎日浸かっていると結果的にその温度に慣れてしまい、ストレスを感じなくなり、ヒートショックプロテインの生成が進まなくなってしまいます。

そのため規則正しくストレスをかけるためには、週に2,3回程度の入浴がおススメです。

温度は42度くらいがおススメです。

随分熱く感じるでしょうが、この感覚がヒートショックプロテインを分泌します。

これが慣れてしまって、熱く感じなくなってしまうと分泌されなくなってしまいます。

逆に42度が熱過ぎて入れないということであれば、多少温度を下げて、少し長めにお湯に浸かるというのもアリです。

とにかく短時間で体を温めてしまうというのが、ヒートショックプロテインを分泌させるために正しい入浴法です。

ぜひ試していただいて、美容と健康を手に入れましょう。

編集後記



・ヒートショックプロテインは熱による刺激で、体内でたんぱく質が出来ることを言う。

・体の細胞を修復してくれる機能を持っており、疲れを取ったり、肌、肩こり、関節痛、乳酸の発生など、様々な要素に効果を発揮してくれます。

・体の冷えによりヒートショックプロテインの効果が薄れてしまいます。

・規則正しい入浴方法でヒートショックプロテインを促してくれる。

・週に2、3回程度、42度の温度で入浴する。

・肌が熱いと感じるくらいが丁度良い。

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑