by かわちゃん  
yoga01.jpg


適度な運動を心がけて食事の献立にも気をつかっているのに、なかなか痩せられない方がいます。

そのような場合、日頃の「姿勢」に問題がある可能性が考えられます。(姿勢と言ってもダイエットに取り組む心構えや気持ちのことではなく、体勢という意味です。)

デスクワークの多いライフスタイルのせいで、現代人には姿勢の悪い方が多く見受けられます。

姿勢が悪いとなぜ痩せにくいの?


inful_syojyo2.jpg


極端に体が丸まる猫背の姿勢で生活していると、背骨や骨盤がどんどん歪んでいきます。筋肉のバランスが悪くなって血行や神経の働きも悪化し、健康に様々な支障が現れ始めます。

特に、体の歪みを補う形で不自然な部位に脂肪が大量に蓄積して、肥満になりやすくなってしまうことが知られています。これではいくら日頃からダイエットを心がけていても効果が出なくて当然です。

有酸素運動や食事制限だけがダイエットではありません。引き締まった肉体を手に入れるためには、普段の姿勢を意識することも非常に大切です。

運動学的に正しい姿勢を維持し続けると、それだけでもエネルギー消費量が高まってダイエット効果を得られます。

即効性のダイエットというわけではありませんが、美しいボディラインを獲得する上で非常に重宝します。

正しい姿勢とは?


yoga02.jpg


正しい立ち方のコツは、下っ腹に軽く力を入れて引っ込め、ろっ骨を一つ分自分の体から前に突き出すようなイメージで胸を張り、くるぶし、太もも、腰、肩、頭部が一直線になるように意識することです。

軽くあごを引くと、骨格が緩やかなS字カーブを描くはずです。これが全身の筋肉が程よく引き締まり、最も肉体に余計な負荷がかからない理想的な立ち方です。

慣れないと若干きつく感じるかもしれませんが、普段使っていない筋肉が駆動している証拠であり良い傾向です。

正しい座り方のコツは、下っ腹とお尻、太ももを軽く引き締め、背筋を伸ばした状態で座面にお尻を乗せることです。

背もたれに体重をかけたり机の上で頬杖をついたりすると、肩や腰に負荷がかかって体が歪む原因になってしまいます。体幹部以外の部位に余計な力を入れないようにしましょう。

もしも腰を曲げないと作業できないようなら、自分の体型に合った机や椅子を新調することをお勧めします。

このような事を心がけるだけで、一日中どこにいても手軽にダイエットを実践できます。

しかし、人間は無意識に楽をしようとする生き物なので、ちょっとでも気を抜くとすぐに猫背の姿勢に戻ってしまいます。ひんぱんに自分の

姿勢をチェックして、気づいたら即座に正しい姿勢に戻すことを普段から意識しましょう。

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑