by かわちゃん  
pc01.jpg


近頃「VDT症候群」が懸念されているのはご存知でしょうか?

このVDT、一体何のことかと言うと「ヴィジュアル・ディスプレイ・ターミナル」の略で、パソコンを使用して作業をする方々のことです。

そのような方は、長時間パソコンのモニターに向かわなければならない人もおり、それによって体に悪影響が出てしまうそれがVDT症候群なのです。

最近ではパソコンを使用して作業をする方だけでなく、スマホやポータブルゲーム機の普及により、VDT症候群がより身近になっています。

そこでVDT症候群について正しい知識を身に付け、快適なVDTライフを送っていきましょう!

VDT症候群の症状は?


inful_hiyo3.jpg


VDT症候群は、パソコンやスマホそしてゲームなどを長時間操作することからくる体の異変の総称ですから、症状が1つだけとは限りません。

例えば「ドライアイ」などは、誰でも1度経験したことがあると思います。

パソコンやゲームのディスプレイを集中して見ていると、ドライアイや目の充血を誘発してしまう「まばたき不全」を引き起こしてしまう可能性があります。

まばたき不全というのは、まばたきの数が減ったり、まばたきする際にきちんと目が閉じられていないという状態が無意識で起こり、涙が蒸発しやすい状態になります。

また皆さんはパソコン・スマホ・ゲーム機を、顔に近い位置で操作していませんか?

目は眼筋の収縮によってピントを合わせていますので、対象物を長時間近くで見ることにより、眼筋がけいれんをを引き起こしピント調節が上手く行かず、視力低下に繋がります。

そして症状は目だけに留まりません。

最近テレビなどでよく耳にするようになった、ストレートネックもVDT症候群の1種と言って良いと思います。

ディスプレイの位置が顔よりも低過ぎる位置にある場合、大抵の人はうなずくようにアゴを引き、足先を見るように目線を落とすと思います。

その姿勢を長時間維持してしまうことで、首の骨が変形してしまいストレートになってしまうのです。実は、首の骨というのは緩やかにカーブを描いており、効率よく重い頭を支えています。

stneck.jpg

首の骨がストレートになってしまうと、頭の重さがダイレクトに首や肩にのしかかり、肩こり、頭痛、吐き気などを発症してしまいます。

このような身体的悪影響もそうですが、精神的な悪影響も忘れてはいけません。

パソコンのディスプレイを見る際、光が反射して見づらいという経験したことありませんか?

これはグレアという現象で、人はとても不快に感じてしまいます。その精神的ストレスからくる、集中力の低下、イライラ、食欲不振などの症状が出る恐れがあります。

これまで挙げてきたような症状が、慢性的に続けば精神を病んでしまうことは容易に想像でき、最悪うつ病になる可能性だってあります。

VDT症候群だからと言ってすぐに命を落とす心配は無いかもしれませんが、生活の質が下がっていくのは間違いありません。ですから正しい予防・対策を知ることが大切になってきます。


VDT症候群の予防方法は?


inful_syojyo2.jpg


1.ドライアイ・眼筋のけいれん
・目薬を使用する。
・1時間ごとに10分程度の休憩を入れる。その際に遠くを見て眼筋のストレッチしたり、目のマッサージや目周辺を温め結構を良くしよう。
・きちんとまばたきをするよう意識する。

2.ストレートネック・腱鞘炎
ストレートネックや腱鞘炎を予防するには、姿勢が最も重要になってきますので作業をする際は以下の姿勢を参考にしましょう。

sisei01.gif

引用:パソコンの利用と健康 2. パソコンを使う時の姿勢 : 富士通

3.グレア
・ディスプレイに反射シールを貼る。
・照明の明るさを調節する。
・ディスプレイの位置の調節し、光の当たり具合を変える。
・グレアを軽減する照明器具を使用する。

しっかりと対策をすれば、VDT症候群にリスクは大幅に小さくなると思いますので、まずは自分で出来ることから始めていきましょう!

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑