by かわちゃん  
doctor03.jpg


ウォーキングでダイエットを図るためには、長期に渡って運動習慣を継続することが大切です。

運動メニューを組む際に、一週間に何日くらいウォーキングを行えばよいのか迷う方がいますが、これはエクササイズの目的によって異なります。

短期間で痩せたい場合は、可能な限り運動日を増やす必要があります。脂肪を燃焼させるためにはカロリーの消費が必須です。

しかし一日30分程度のウォーキングで消費できるカロリーは、せいぜい100〜300kcal前後。一食分の食事だけでも500kcal近くのカロリーを摂取しているため、運動回数が少ないととてもダイエットになりません。

毎日ウォーキングしなくても良い?


doctor02.jpg


では毎日ウォーキングを行わなければならないのかというと、必ずしもそうとは言い切れません。

医学チームの最近の研究によると、一週間あたりの運動回数が1〜3回の場合、脂肪の燃焼量は運動回数に対して単純に比例するものの、4回以上になると逆に低下し始めるというデータが計測されました。

毎日行うのも週3回行うのも大差ないということです。そもそも脂肪に蓄えられるエネルギーは人体にとって非常用のバッテリーのようなものです。

ダイエットを続けても全エネルギーを枯渇させないようにする仕組みが人体に備わっているため、がむしゃらにたくさんウォーキングを行えばよいというわけでもないのです。


一週間に3回程度を目安に


walking02.jpg


それに、過剰なエクササイズはオーバーワークのもとです。ウォーキングはジョギングに比べれば軽度の有酸素運動ですが、それでも足にかかる負荷は甚大です。

無理に運動を続けると、筋肉を傷めるだけでなく、すねや膝の疲労骨折の原因にもなってしまいます。辛いエクササイズを強引に続けても精神的ストレスが溜まるだけです。

気分がふさぎ込んでしまったり、うさ晴らしにヤケ食いしてかえって肥満が加速してしまったりする恐れもあります。

従ってウォーキングの運動ペースを決める際は、自分の体調を第一に考えることが肝心です。まずは一日おきに休息日を挟み、一週間に3回程度を目安にウォーキングを行ってみましょう。

これだけでも十分に美容・健康効果を得ることが可能です。ストレス発散のために体を動かしたくて仕方がないという人は、もっと運動回数を増やして毎日行っても構いません。

逆に、体に疲労が蓄積してきつい時や何となく気分が乗らない時などは、無理に運動を行わない方が無難です。自分に合ったペースで楽しみながらウォーキングを行うことが長続きの最大のコツです。

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑