by かわちゃん  
berries01.jpg

マキベリーというフルーツが現在注目を集めているのはご存知でしょうか?その理由としてポリフェノール含有量の多さにあります。

つい最近までアサイーボールやアサイージュースが流行っていましたが、アサイーもポリフェノールが豊富に含まれているとして人気を博していましたね。

具体的なアサイーのポリフェノール含有量は以下のようになっています。
アサイー果実100g中に含まれるポリフェノールは約4.5gで、ココアの約4.5倍、ブルーベリーの約18倍ともいわれている。
出典:アサイー - Wikipedia

このようにアサイーにはたくさんポリフェノールが含まれている事が分かると思います。しかしながらアサイーよりも上回っているポリフェノール含有量を誇っているのがマキベリーなのです。

それを証明しているのが以下の図です。
polyphenolcontent.png
出典:出典:南米大陸寒冷地帯パタゴニア地方からの贈り物マキベリー

ご覧の通りマキベリーのポリフェノール含有量は圧倒的であり、アサイーと比較すると5倍以上の含有量になっており、データを参照するとより一層マキベリーの凄さが分かるのではないでしょうか。アンチエイジング効果も5倍増しにはならないと思いますが、少しの量でアサイーを上回るポリフェノールを摂ることが出来るので効率的なのは間違いないですね。


ポリフェノールの効果とは?


inful_syojyo2.jpg

ポリフェノールがたくさん含まれていることはわかったけど、ポリフェノールは体にどのような良い影響をもたらしてくれるのでしょうか。

ポリフェノールは体中の活性酸素を取り除く抗酸化作用を持っています。活性酸素は様々な病気の元凶とも言われており、ガン、動脈硬化、糖尿病、老化やその他挙げればキリがありません。ポリフェノールを多く摂取することでそれらの病気を予防することも出来ますし、アンチエイジング効果もあるので、男女共に積極的に摂取したいものですね。


マキベリーの使い方・食べ方


eatapple.jpg

マキベリーの使い方や食べ方としては粉末を水に溶かしてジュースにしたり、ヨーグルトに入れたり、グリーンスムージーに入れたりするなど、用途は様々です。またマキベリーそのままを口にするのであれば、皮ごと食べることが大切です。なぜなら皮にポリフェノールやアントシアニンなどの栄養が豊富に含まれているからです。

マキベリーは南米原産なのでそのままの状態で手に入れるのは難しいと思いますので、粉末状に加工された製品を購入しましょう。ネットショップなどでも安価で手に入れることが出来るので、効率良くポリフェノールを摂るのであればマキベリーを試してみましょう。

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑