by かわちゃん  

はなまるマーケットに世界一おいしいパスタを作る山田剛嗣シェフが出演していました。山田シェフはパスタワールドチャンピオンシップという、世界各地で活躍するイタリアンシェフ25名がパスタ料理世界一を争う大会に出場し見事優勝しました。審査員や参加シェフ全員がイタリア人であるのに関わらず、日本人である山田シェフが世界一に輝いたのは誇らしいことですよね。

また山田シェフの著書である「おうちでかんたん世界一おいしいパスタ」は1ヶ月で1万部を超える大人気のレシピ本ということで、はなまるマーケット出演でより注目されるかもしれませんね。

そんな山田シェフが世界一に輝いたのパスタは、ムール貝やテナガエビでダシをとり、4つのフライパンを使用して具材への熱の加え方にこだわったパスタです。それを家庭で再現するのはとてもむずかしいので、山田シェフが自宅でも簡単に出来る世界一おいしいパスタの作り方を紹介してくれました。



1.用意する材料(二人分)


no1pasta01.jpg

・リングイネパスタ160g
・エビ6尾(頭付き)
・アサリ150g
・ヤリイカ200g
・ミニトマト10個
・にんにく2片
・赤唐辛子1本
・白ワイン大さじ4
・水300cc
・オリーブ油大さじ5
・塩・コショウ適量


2.エビの頭と殻を使ってダシを取る


no1pasta02.jpg

・鍋にオリーブオイル大さじ1、にんにくスライス1欠片を入れる。
・フライパンが熱されたらエビ頭と殻を入れる。
・エビの頭からみそを取り出すように潰しながら炒める。
・ミニトマト5個を入れる、潰してエキスを出す。
・水300ccを入れたら沸騰するまで強火にする。
・沸騰してきたらアクを取りながら弱火で8〜10分煮だす。
・最後にエビの頭をつぶしながらしっかりとこす。

エビは頭と尾を切り離し殻をむくのですが、その際に頭と殻は捨てないことがポイントです。頭と殻にはおいしいエキスがたくさん含まれているので捨てずに活用しましょう。またトマトとエビの頭は潰しながら煮ることでエキスがより取れますので忘れずに。最後にダシをこす際もエビとトマトを潰すことで、余すことなく美味しいダシが取れます。


3.リングイネパスタを茹でる


no1pasta03.jpg

・水に対して0.8%の塩を入れる。例えば水500gであれば塩は4gとなります。
・リングイネが茹で上がる目安時間の2分前に取り出す。例えばリングイネのパッケージに目安時間8分と表記されていたら、その2分前の6分で取り出す。

リングイネは魚介類との相性が抜群なので出来るだけ使用することをオススメだそうです。またアサリから塩分が出るので、茹でる際の塩分を少なめにするのがポイントです。そしてパッケージにに表記されている目安時間の2分前にリングイネを取り出すことも忘れないようにしましょう。


4.エビとヤリイカを炒める


no1pasta04.jpg

・エビは一口大に切り、ヤリイカはmmに輪切りにする。
・エビとヤリイカに塩・コショウで下味を付ける。
・フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ熱する。
・まずは火が通りにくいエビから20秒炒め、そこにヤリイカを入れ30秒加熱する。
・炒めたら一旦エビとヤリイカを取り出す。

エビとヤリイカを炒める際の最大のポイントは、それぞれの炒める時間にあります。山田シェフは大会の時フライパンを複数用意し、エビは50秒、ヤリイカは30秒それぞれ熱していたのですが、フライパン1つで実践する場合はエビを20秒炒めてから、ヤリイカを入れ30秒加熱するという時間差を利用することで実現しています。


5.アサリのダシをとる


no1pasta05.jpg

・オリーブ油大さじ1、にんにくスライス1片、赤唐辛子1本、ミニトマト5個を入れ加熱する。
・ある程度熱したらアサリ150g、白ワイン大さじ2を入れフタをし強火にする。
・アサリが開いたら1度取り出す。

アサリが開いたら1度フライパンから取り出すことが大切です。そのまま熱してしまうとアサリの身が硬く小さくなってしまうので注意しましょう。


6.パスタと具材を混合わせる


no1pasta07.jpg

・アサリのダシが残ったフライパンにパスタを入れる。
・エビで取ったダシを少しづつ加え、パスタの硬さを様子見ながら4分を目安に加熱する。
・アルデンテになったらエビとヤリイカの身を入れ混ぜる。
・お好みでバジルとパセリを入れる。

パスタを茹でる際にパッケージの表記時間2分前に取り出しましたが、残り2分+2分の合計4分程度フライパンで加熱することで、アサリのダシとエビのダシを麺に吸収させることが出来とても美味しくなるそうです。エビのダシはおたま半分程度入れ、ダシが無くなったらまた入れるという感じで少しづつ足していきましょう。またその都度麺の硬さをチェックすることで、お好みの硬さを実現できるそうです。


7.オリーブ油と魚介ダシを乳化させる


no1pasta09.jpg

・最後にオリーブオイル大さじ2を入れ混ぜ合わせる。
・味見して物足りなかったら、塩コショウで調節する。

乳化とはダシとオリーブ油を混ぜ合わせることです。白濁しトロっとしてきたら完成です。こうすることによりオリーブ油の油っこさが無くなり、口当たり良くなるそうです。


8.完成


no1pasta11.jpg


はなまるマーケットでは実際の調理時間というのは30分程度で、1つ1つの工程を見てみると以外とシンプルなので個人的にも出来そうな感じがします。各工程のポイントをしっかりと抑えることを意識し、世界一美味しいパスタを作ってみてはいかがでしょうか。

コメント

1 件
レシピを参考に作ってみたくなりました♪
他にもレシピがあれば載せてほしいです。
Posted by 匿名 at 
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑