by かわちゃん  
gakukansetu01.jpg

頭痛は、日常生活や仕事において支障が出る場合のある厄介な症状です。そしてその頭痛にも分類上いくつか存在し、一次性頭痛の中で最も強い痛みのある群発頭痛に悩んでいる方は日本でも約1万人いらっしゃいます。そこで、群発頭痛の基本的な意味からその原因・対処法を説明していきます。

まず、群発頭痛とはどのような頭痛なのかといいますと、一次性頭痛という基礎疾患のない単体で頭痛症状が起こる頭痛分類の中にあるものです。そして、群発頭痛の特徴には1年で数回・つまりある決まった時間や期間に集中的に激しい頭痛が起こるので群発頭痛と呼称されています。その発作期間は患者個人それぞれ違うスパンで起こります。


群発頭痛の症状とは?


inful_hiyo3.jpg

次に、その症状に関する事ですが、他の偏頭痛や緊張型頭痛と違うところは、その痛みの度合いです。症状が起こる部位は眼の周辺で片側に激痛が起こります。発作時間は30分から数時間で先ほどにも説明しましたが、ある決まった時間と期間に集中的に症状が出ます。そして、発作中は涙、鼻水鼻づまり、眼瞼下垂の症状も同時に出ることがあります。

又、その頭痛ですが、3大痛の1つにされ、別名自殺頭痛と呼ばれるほど他の頭痛とは群を抜くほどの頭痛症状と呼ばれています。それに関係して眼の後ろの血管が拡張するので眼の奥が激痛を引き起こします。他には、眼をえぐられている、眼をキリで差し込まれているといった想像しがたい程の痛みが引き起こされます。


群発頭痛の原因とは?


inful_syojyo2.jpg

この群発頭痛の原因には、様々な仮説があり完全には医療現場では解明されていません。しかし、最近の研究では群発頭痛のメカニズムとその症状が起こる部位やそれと脳の関係が少しずつですが、知られてきています。

まず、頭痛症状の発生時に視床下部が異常に機能し始めることがわかっています。そして、日常生活との関係も指摘されています。

それは飲酒・喫煙、過度に明るい場所に行く、薬の副作用、疲労、高度の高い場所に行くことによる気圧変化といった物があります。なので、頭痛になりやすい方は疲労やストレス、過度の飲酒は避けた方が良いといえます。最後に、群発頭痛の治療法には、トリプタン系の薬を注射、離スプレー、酸素吸入といった治療法が存在します。

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑