by かわちゃん  
muscle01.jpg

重量挙げはオリンピック競技にも採用されている、どれだけ重いバーベルを持ち上げられるかを競う競技です。もともと重いバーベルを持ち上げるのにかなりの力を発揮しなければならず、その時に起こる頭痛のことを重量挙げ頭痛と呼んできました。現在は重量挙げに関係なく激しいスポーツを行った直後に起こる頭痛を重量挙げ頭痛と呼ぶようになりました。運動誘発性頭痛や労作性頭痛とも呼びます。学術的には運動頭痛と定義されており、一次性運動頭痛と二次性運動頭痛と状態で分けられています。


重量挙げ頭痛の原因は?


question01.jpg

重量挙げ頭痛の原因は、激しいスポーツによって頭蓋内の静脈が圧迫されうっ血すること、そして呼吸を止めるために起こる酸素不足からだと言われています。

長時間呼吸を止める水泳や水中のスポーツでも頭痛が起こりやすく、その場合もこの重量挙げ頭痛と呼ばれます。重いものを持ち上げる時に力を入れたり息をとめたりを繰り返すと、頭の血管が圧迫され神経に作用します。そのため痛みを生じるのです。また、暑い場所や高所での運動ではより重量挙げ頭痛を引き起こす場合があります。痛みの種類としては、脈の動きと連動してズキズキと痛む拍動性の痛みが生じます。


重量挙げ頭痛の応急処置


inful_hiyo2.jpg

一次性運動頭痛の場合、その症状は一過性で水分補給と休憩で痛みが和らぐことが多いです。圧迫されていた頭の血管も、力を抜いたり呼吸をすることで緩和されすぐに良くなることが多いです。水分補給は血流の流れをよくしていくれる効果があるので脳の血液循環を良くしてくれ、そのための圧迫が解消されるため頭痛の痛みを軽減させる効果があります。激しい運動中にこまめな水分補給が必要なのは、この重量挙げ頭痛の観点からしても言えることです。

二次性運動頭痛は応急処置を必要とします。二次運動頭痛は嘔吐や複視、意識を失ってしまう症状を併発する頭痛のことを言います。この症状が出ると生命に危険が伴ってしまうのですぐに医者に診てもらいましょう。二次運動頭痛を引き起こしてしまう前にしっかりとした対策が必要です。


重量挙げ頭痛にならない為の対策は?


inful_syojyo2.jpg

まず、運動を始める時に、最初から負荷の高い激しい運動いきなり始めないことです。負荷の軽い運動から徐々に負荷を上げていき、急激に血圧が上昇して脳の血管が圧迫されないように注意します。運動を始める前に必ずウォームアップを行い身体を運動になれさせることが重量挙げ頭痛だけでなく怪我などの防止ににもつながります。

脳の血圧が一気に上昇することで起きるのが原因なのでなるべくゆっくりと負荷を上げていく運動メニューを行いましょう。水分をこまめに補給することで血液の流れをよくします。水分補給は欠かさずに行ってください。

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑