by かわちゃん  
remon01.jpg

ビタミンCが豊富な柑橘類ですが、その中でもレモンが注目されています。免疫力を高めてくれ風邪予防などに効果があるイメージですが、実はレモンにはメタボ予防にも効果があるのです。

三重大学大学院の田中利男教授は、地中海料理を好むイタリア人やスペイン人は、他の欧米人に比べて肥満や循環器疾患が少ないことに注目しました。地中海料理の特徴として、日本人の約10倍レモンを摂取していることが分かりました。

レモンにはポリフェノールの一種である「エリオシトリン」が含まれており、血中の中性脂肪を下げ脂肪肝を抑制する効果があります。また田中教授の実験によると、人の肝細胞にエリオシトリンを投与すると脂肪肝を抑制することが出来たそうです。

特にレモンにはこのエリオシトリンが多く含まれており、具体的には以下のようになっています。

【100ml果皮】
レモン 280mg
ライム 94mg
温州みかん 9.1mg
ゆず 4.3mg
いよかん 4.2mg
グレープフルーツ 2.1mg



レモンは冬バテに効果的な食べ物


inful_syojyo2.jpg

夏バテは聞いたことがあるけど、冬バテはあまり聞いたことがないという人も多いと思います。冬バテとは、寒さによって血の巡りが滞り、また暖房による外気との温度差で自律神経の不調をきたし、体の怠さ・疲れ・頭痛・など冬でも夏バテと同じような症状が起こることを言います。

この冬バテを防止するには、レモンと鶏むね肉を合わせた食事をするのが最適です。

その理由として、

1.レモンに含まれているクエン酸が乳酸を分解してエネルギーに変換してくれる。
2.鶏むね肉に含まれているイミダペプチドが活性酸素を中和・分解してくれる。


この2つが挙げられます。またエリオシトリンは熱に強いのが特徴なので料理に使い易いのが特徴です。


1.鶏肉のレモン漬け


remonchicken.JPG

スーパーに特売コーナーがあったり、小学校の給食に出るたり、また給食に出ない月があると苦情が出るほど人気のレシピだそうです。兵庫県赤穂市で愛される30年続く大人気レシピを紹介したいと思います。

1-1.材料(4人分)



・鶏むね肉 1/2枚(120g)
・鶏もも肉 1/2枚(120g)
・塩 少々
・コショウ 少々
・片栗粉 適量
・三温糖 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・水 小さじ1
・レモン汁 小さじ1

1-2.鶏肉に軽く塩コショウで味付けをする


remonchicken01.JPG

・鶏肉は食べやすい一口大に切ってから下味を付けましょう。

1-3.衣に片栗粉を使う


remonchicken02.JPG

・食感がパリっとカリッと仕上がる。

1-4.約180度の油で5分程揚げる


remonchicken03.JPG

・きつね色になったら一度取り上げましょう。

1-5.三温糖・しょうゆ・水を鍋に加えて中火に掛ける


remonchicken04.JPG

・三温糖が溶けるまで加熱する。

1-6.レモン汁を火を止めてから入れる


remonchicken05.JPG

・より香りを引き立たせることが出来ます。

1-7.揚げた鶏肉をレモンダレにたっぷりと絡めて完成


remonchicken06.JPG



2.レモン鶏のソテー


remondori.JPG

今回はレモン鶏のソテーですが、レモン鶏の基本的な作り方を身に付ければ、レモン鶏の唐揚げ・レモン鶏のチキンカツ・レモン鶏のグラタンなど、様々な料理に応用することが出来ます。

2-1.材料(2人分)



・鶏むね肉 1枚(250g)
・塩 小さじ2/3
・ニンニク(すりおろし) 1/2片分
・酒 大1/2
・黒こしょう 少々
・レモン汁 大1/2
・はちみつ 大1/2

2-2.鶏むね肉に切れ目を入れて観音開きにする


remondori01.JPG

・厚さを均一にして火を通りやすくする。

2-3.フォークで裏表を刺す


remondori02.JPG

・火の通りを良くし肉が縮むのを防ぐ。

2-4.下味を付ける


remondori03.JPG

・塩、ニンニク、酒、黒こしょう、レモン汁、はちみつで調味液を作り揉み込む。
・レモン汁は生のレモンを使うことで、風味と酸味の強さで鶏むね肉を柔らかく出来る。
・揉み込んあだ後は10分程度置き味をなじませたら、基本のレモン鶏が完成です。

※レモンを加えるとなぜお肉が柔らかくなるかというと、レモンの酸味によってお肉のPHが下がる(お肉が酸性になる)。するとお肉の筋繊維の間に隙間ができ、水分が保水されることで柔らかく仕上がります。またはちみつの糖類には、アミノ酸と結合する働きがありタンパク質の凝固を遅らせて柔らかくなります。糖は保水性があるのでお肉に風味を残しながら柔らかく仕上がる。

2-5.レモン鶏を皮目から中火で焼いていく


remondori04.JPG

・こんがりと焼き色が付いたら、下味を付けた時の調味液をかける。
・調味液をかけたらフタをして約2分蒸し焼きにする。
・鶏肉を裏返しフタをして約1分蒸し焼きにする。
・最後に火を止めて1分余熱で蒸らしたら完成です。


冬になってどこか体調が優れないと感じている方は、もしかすると冬バテかもしれません。ですから、レモンと鶏むね肉の最高の組み合わせで、冬バテを乗り越えましょう。

コメント

0 件
コメントをどうぞ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

0 件

スポンサーリンク

Page Top ↑