ウォーキングダイエットの記事一覧

 by かわちゃん  
raise-metabolism01.png


ダイエットなどを試みる場合、食事制限や運動などを行うことが多いと思いますが、どんな方法でダイエットをするにしても、効果的に行いたいものです。

ダイエットの効果をあげるために、とても大切なのが代謝を上げるということです。

特に人間が生きていく上で..

 by かわちゃん  
timer01.jpg


基本的に、一日のうちどの時間帯にウォーキングを行っても、私たちは十分な健康効果を得ることが出来ます。

ですが、特定のタイミングでウォーキングを行うことで、その効果をより高めることが可能となります。一日の中で最もウォーキングに適した時間帯は、朝..

 by かわちゃん  
squat01.jpg


下半身は健康の源です。

直立二足歩行で移動する人間にとって両足は体を支える重要な部位であり、下半身の筋力が弱いと姿勢が著しく歪んでしまいます。

不自然な姿勢を続けていると見た目にも印象が悪いですし、腰や内臓に余計な負担がかかってしまい、頭痛・腰..

 by かわちゃん  
locomo2.jpg


私たちの体の機能は加齢に伴い徐々に低下していきます。筋力はもちろんのこと、脳の働きの衰えも顕著になっていきます。

アルツハイマーに代表される認知症は、高齢者を脅かす最大の障害と言っても過言ではありません。

記憶力の低下、知覚能力の低減、言葉をう..

 by かわちゃん  
iphone01.jpg


ウォーキングはダイエットや健康増進に最適なエクササイズです。大して激しくないので、老若男女問わず誰でも気軽に始められる利点があります。

けれども、サッカーや野球などのスポーツと比べると、ウォーキングは非常に地味な運動です。気の短い方だったら、..

 by かわちゃん  
doctor03.jpg


ウォーキングでダイエットを図るためには、長期に渡って運動習慣を継続することが大切です。

運動メニューを組む際に、一週間に何日くらいウォーキングを行えばよいのか迷う方がいますが、これはエクササイズの目的によって異なります。

短期間で痩せたい場合は..

 by かわちゃん  
locomo2.jpg


十代や二十代の若年者は自らの身体能力を向上させるためにエクササイズを行います。一方、体力のピークを過ぎた三十代以降の年配の方の場合は、健康増進のためにエクササイズを行います。

いかに余生を健康的に過ごすか。それが高齢者にとって最大のテーマだか..

 by かわちゃん  
benpi05.jpg


ダイエットで効率的に痩せるためには、自分の運動結果を消費カロリーとして把握し、数値で体調管理を図ることが大切です。

消費カロリーが摂取カロリーよりも多ければ、徐々に体内の余分な脂肪が減少していきます。日々の食事メニューも組みやすくなるため、ウ..

 by かわちゃん  
stretch01.jpg


近年、加圧ウェアを着用してウォーキングを行う「加圧ウォーキング」が非常に注目されています。

ウォーキングは本来、ジャージあるいはTシャツと短パンなど、出来るだけ体の動きの邪魔にならない軽装で臨むべきです。しかしあえて体の動きを制限する着衣を活..

 by かわちゃん  
fatwoman01.jpg


「メタボ」という言葉は高い知名度を誇っていますが、その意味を正確に把握している人は多くありません。メタボリックシンドロームは日本語で「代謝異常症候群」あるいは「内臓脂肪症候群」と訳されます。

内臓脂肪型肥満と高血糖・高血圧などの生活習慣病が合..
Page Top ↑